F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン「アジアラウンドを経て間違いなく進歩した。終盤戦にこの勢いをつなげていく」/F1日本GP日曜

2017年10月8日

 2017年F1日本GP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは11位、ストフェル・バンドーンは14位、ポイント獲得はならなかった。


 アロンソは予選10位を獲得したが、パワーユニットのエレメント交換により35グリッドダウンのペナルティを受けて20番グリッドからスタート。決勝終盤は11位まで順位を上げ、10位のウイリアムズのフェリペ・マッサまで1秒を切るところまで迫り、1ポイントを賭けて戦ったものの、追い抜くことができなかった。


 予選11位のバンドーンはアロンソとキミ・ライコネンのグリッド降格により9番グリッドに繰り上がった。しかしスタート直後のターン2でライコネンとの接触があり、ポジションを大きく落とした。2回ストップ戦略で挽回を試みたものの、順位を上げられず、14位でチェッカーを受けた。


■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 フェルナンドもストフェルも力強く、ひたむきに走ってくれはしたものの、今日は我々のための日ではなかった。


 フェルナンドは予選で苦難に見舞われたにもかかわらず、今日、驚くほど強い決意を持って走ってくれた。フェリペを追い上げていった時には興奮させられたものだが、それでも不運にも目指していた1ポイントをつかめずにレースを終えた。


 ストフェルのレースはターン2での出来事で台無しになった。キミからヒットされた後、ポジションを落としてしまったのだ。だがああいうことはレースでは時に起こり得るものだ。ストフェルはその後もチェッカーまで懸命にプッシュした。


 こういう結果に終わりはしたが、アジアでの3戦はチーム全体にとってポジティブなものだったと思う。貴重なポイントを稼いだし、この3戦の前と比べると今のチームは強さを増したと私は考えている。この勢いを最後の4戦にうまくつなげていこう。


 最後に、我々にとって大事な人々に敬意を表したい。
 まずは我々のチームメンバー全員だ。彼らの不屈の精神、そしてフライアウェイの過酷な5週間におよぶハードワークに感謝する。とてつもない努力をしてくれており、彼らのこの上ない献身と努力を心からありがたいと思っている。


 次に、いつもながら素晴らしい鈴鹿のファンに敬意を表する。彼らの精神と情熱には非常に胸を打たれる。今日は良い結果を出して彼らに報いることができなかったが、彼らのサポート、マクラーレン・ホンダやF1への情熱に感謝したい。 
 
 新たな勢いと自信を得て、最後の4戦も戦っていく。 



(AUTOSPORTweb)




レース

3/23(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/24(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/25(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン363
2位セバスチャン・ベッテル317
3位バルテリ・ボッタス305
4位キミ・ライコネン205
5位ダニエル・リカルド200
6位マックス・フェルスタッペン168
7位セルジオ・ペレス100
8位エステバン・オコン87
9位カルロス・サインツJr.54
10位ニコ・ヒュルケンベルグ43

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス668
2位フェラーリ522
3位レッドブル368
4位フォース・インディア187
5位ウイリアムズ83
6位ルノー57
7位トロロッソ53
8位ハース47
9位マクラーレン30
10位ザウバー5

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/25
第2戦バーレーンGP 4/8
第3戦中国GP 4/15
第4戦アゼルバイジャンGP 4/29
第5戦スペインGP 5/13
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号