F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:バンドーンを有利な位置に押し上げるため、アロンソがナイスアシスト

2017年10月8日

 土曜日の朝、悪いニュースが飛び込んで来た。「金曜日の夜に、(フェルナンド・)アロンソのパワーユニットにハイドロ系のトラブルが見つかったため、ユニットごとすべて交換する決断を下した」(長谷川祐介ホンダF1総責任者)のだ。

 チーム関係者によると、アロンソのPUにトラブルが発見されたのは金曜日の夜11時だったという。通常であれば、作業は終わっている時間で、ストフェル・バンドーンのマシンは9時に終了していた。ところが、アロンソのマシンは別のある問題を抱えていたため作業が遅れ、その作業を終えて、最後にエンジンに火を入れたところ、ハイドロ系のトラブルが発見されたという。

 そこでチームは年間2回許されている夜間時間外労働を行い、PUをユニットごと新品と交換するという苦渋の決断を下した。これにより、アロンソは35番手降格のペナルティを受けることになった。

 鈴鹿には、ユーズドのPUユニットもあった。しかし、それに積み換える選択を採らなかったのは、「ハイドロ系のトラブルによって、エンジンにダメージを受けている可能性を否定できなかったから」(長谷川総責任者)だ。

 それでも、マクラーレン・ホンダとしての最後の日本GPの予選で、アロンソはチームのために最善を尽くした。
 すでに35番手降格が決まっていたアロンソには、予選でたとえポールポジションを獲得しても、最後尾スタートとなることも決まっていた。

「昨夜、PUを交換したので、予選順位は僕にとって重要じゃなかった」





レース

10/21(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/22(日) フリー走行3回目 1:00〜2:00
予選 6:00〜
10/23(月) 決勝 4:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン306
2位セバスチャン・ベッテル247
3位バルテリ・ボッタス234
4位ダニエル・リカルド192
5位キミ・ライコネン148
6位マックス・フェルスタッペン111
7位セルジオ・ペレス82
8位エステバン・オコン65
9位カルロス・サインツJr.48
10位ニコ・ヒュルケンベルグ34

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス540
2位フェラーリ395
3位レッドブル303
4位フォース・インディア147
5位ウイリアムズ66
6位トロロッソ52
7位ハース43
8位ルノー42
9位マクラーレン23
9位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号