F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ザウバーF1の2018年型マシンは「まったくの別物」。中団グループへの復帰を目指す

2017年9月8日

 ザウバーF1チームは2018年型マシンの設計に尽力している最中であり、チーム代表のフレデリック・バスールによれば、2018年マシンは現行のマシンとは“まったくの別物”になるということだ。


 ザウバーはこれまでのところ、難しいシーズンを過ごしてきている。『C36』のシャシーはパフォーマンスに欠けており、2016年スペックのフェラーリエンジンもパワーが足りず、中団グループのバトルから脱落した状態が続いている。


 昨シーズンのザウバーはチーム存続をかけた激動のシーズンを戦っており、そうした事態から2017年型マシンのデザインは重大な影響を被った。


 今年の初夏に前代表モニシャ・カルテンボーンからチームを引き継いだバスールは、来シーズンに向けて競争力を備えたパッケージの準備に焦点を置いている。その活動の一環として、エンジンサプライヤーであるフェラーリとの関係にも、てこ入れがあると見られる。


「マシンはすでに風洞実験を行っており、良い仕事ができていると思う」とバスールは述べ、次のように続けた。


「フェラーリとのコラボレーションの度合いについてはまだ議論しているところだが、(2017年型マシンからのキャリーオーバーは)20パーセント未満になる予定だ」」


「現行(マシン)は2016年のものだから、2018年に持ち越そうとすると……いちからやり直す必要がある。それが長い時間をかけて風洞実験を行っている理由でもある。マシンの全体的な概念はまったく異なるものになるだろう」


 2018年型マシンの設計については、今年初旬にチームに加入したテクニカルディレクターのヨルグ・ザンダーが、初めて陣頭指揮をとることになる。


 バスールはこの目前の仕事を侮っておらず、スタッフのやる気の高まりとリソースから多くを引き出す能力が、長期的に戦力の向上に繋がるだろうとの確信を抱いている。


「グリッド上での状況に左右されるため、目標を定めるのはいつも難しい」とバスールは話す。


「中団グループに復帰するのは困難だろう。大きなステップを遂げないといけないし、来年は大きなレギュレーションの変更がない」


「他のすべてのチームは、我々よりも持ち越せるものが多い。私にとって最も大きな挑戦は、会社の規模を大きくすることと、各部門のパフォーマンスを高めることだ」


「それが可能になればグリッド上での戦力を向上することができる。我々の前のグループはとても近いところにいる。私は戦いに戻りたいんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

11/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン345
2位セバスチャン・ベッテル302
3位バルテリ・ボッタス280
4位ダニエル・リカルド200
5位キミ・ライコネン193
6位マックス・フェルスタッペン158
7位セルジオ・ペレス94
8位エステバン・オコン83
9位カルロス・サインツJr.54
10位フェリペ・マッサ42

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス625
2位フェラーリ495
3位レッドブル358
4位フォース・インディア177
5位ウイリアムズ82
6位トロロッソ53
7位ルノー49
8位ハース47
9位マクラーレン28
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号