F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:今季初のダブル入賞でようやくスタートラインに

2017年7月31日

 フェルナンド・アロンソが今シーズン最上位の6位に入賞。ストフェル・バンド―ンは今シーズン初入賞となる10位を獲得。ダブル入賞は、今シーズン初めてという好成績にも関わらず、レース後のマクラーレン・ホンダには予想していたような大きな喜びはなかった。理由は3つあった。

 ひとつは、アロンソのピットストップのタイミングだ。スタートでカルロス・サインツJr.にかわされたアロンソ。追い抜きが難しいハンガロリンクではピットストップが最大のオーバーテイクのチャンスである。後ろを走るドライバーが前のドライバーと抜くには、先にニュータイヤに交換して、速いラップを刻んで逆転するアンダーカットという戦法がある。しかし、アロンソがピットインは、サインツと同じ35周目だった。

 レース後のミーティングでアロンソも、「その(サインツがピットロードへ向かおうとした)瞬間、自分のピットインをやめようかと思った」と語っていたという。

 案の定、ピットインしたアロンソはサインツの後ろでコースに復帰。最大にして、唯一のチャンスを逃してしまう。それでも、そこはアロンソ。2周後の37周目にコース上でオーバーテイクして、事なきを得た。

 2つ目は、バンドーンのピットストップだ。スタート後に前方を走っていた3台が早めにピットインして前が空いたバンドーンは、アロンソとは逆にピットストップのタイミングを遅らせていた。後続と十分なギャップを築いた42周目にピットインしたが、ピットエリアで止まりきれずにピット作業が遅れてしまった。

 これでオコンに逆転され、9番手から10番手に。1点でも多くポイントを稼ぎたいチームにとっては、やや不満の残る結果となった。

 そして、最後の理由は、6位と10位がマクラーレン・ホンダが望むべき結果ではないからである。マクラーレンは何度も優勝しているチーム。ホンダも今年は表彰台争いを演じたいと開幕前に語っていた。

「ようやく、自分たちの中でスタートラインに立つことができたという感じ。本来はこのあたりのレベルで開幕したかった」と言う長谷川祐介総責任者。

 半年遅れで2017年のスタートを切ったマクラーレン・ホンダ。夏休み明けに残された9戦に期待しよう。





レース

11/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン363
2位セバスチャン・ベッテル317
3位バルテリ・ボッタス305
4位キミ・ライコネン205
5位ダニエル・リカルド200
6位マックス・フェルスタッペン168
7位セルジオ・ペレス100
8位エステバン・オコン87
9位カルロス・サインツJr.54
10位ニコ・ヒュルケンベルグ43

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス668
2位フェラーリ522
3位レッドブル368
4位フォース・インディア187
5位ウイリアムズ83
6位ルノー57
7位トロロッソ53
8位ハース47
9位マクラーレン30
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号