F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1王者のロズベルグが、メルセデスのフォーミュラE経営に関与する可能性が浮上

2017年7月28日

 メルセデスはフォーミュラE進出に関連して、2016年F1チャンピオンのニコ・ロズベルグに経営側のポストを与える可能性が出てきた。


 今週初め、メルセデスはDTMドイツツーリングカー選手権から撤退し、電気駆動のフォーミュラカーでレースを行うフォーミュラEシリーズへと活動を切り替えることを発表し、モータースポーツ界を驚かせた。


 メルセデスはフォーミュラEに参戦するためのオプション契約を行使し、2019/2020年シーズンから同シリーズに自チームで参戦するという。ドイツのAuto Build紙は、フォーミュラEにおけるメルセデスの活動は、ロズベルグが率いることになると予測している。


「ロズベルグはフォーミュラEシリーズのCEOアレハンドロ・アガグと、モナコですでに会合を持っている」と同紙は主張。ロズベルグが経営管理に関与する可能性は否定できないと、“ロズベルグ側の関係者”が認めているとも報じた。


 フォーミュラEではアラン・プロストがルノー e.ダムスのマネージングパートナーを務めており、チームは好成績を収めている。ロズベルグがメルセデス参戦に関与することになれば、同シリーズに新たなF1王者が加わることになる。


 プロストは今週末のモントリオールePrixを前にして、「自動車メーカーの関与は力強いメッセージとなる」と述べた。


 F1の伝説的ドライバーであるプロストはフォーミュラEの急成長を称賛しつつ、シリーズの今後の発展に前向きな見方を示したものの、F1に取って代わるものではないとの考えを主張した。


「そのような状況になると考える理由はないし、そうなってほしいとも思わない」


「フォーミュラEがそれほどの信頼性を得ているとしても、それはニューヨーク、パリ、モントリオールといった大都市で開催されるといった要素があるからだ」


「それはF1と差別化するための方法でもあるんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

7/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ドイツGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン188
2位セバスチャン・ベッテル171
3位キミ・ライコネン131
4位バルテリ・ボッタス122
5位ダニエル・リカルド106
6位マックス・フェルスタッペン105
7位ニコ・ヒュルケンベルグ52
8位フェルナンド・アロンソ40
9位ケビン・マグヌッセン39
10位セルジオ・ペレス30

チームランキング

※ドイツGP終了時点
1位メルセデス310
2位フェラーリ302
3位レッドブル211
4位ルノー80
5位フォース・インディア59
6位ハース59
7位マクラーレン48
8位トロロッソ20
9位ザウバー18
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第11戦ドイツGP 7/22
第12戦ハンガリーGP 7/29
第13戦ベルギーGP 8/26
第14戦イタリアGP 9/2
第15戦シンガポールGP 9/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報