F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:入賞目前の悲劇、ホンダに重くのしかかる信頼性への課題

2017年6月12日

 67周目、10番手を走行していたフェルナンド・アロンソがヘアピンへ向かう直線で突然、「エンジン、ブローアップ!!」と叫んでスローダウン。それは「突然のことだった」と言う長谷川祐介ホンダF1総責任者は、何が起きたのかを確認するため、ガレージからテレメトリー室へ向かった。

「明らかにエンジンブローです。まだ開けてみないと原因はわかりませんが、メカニカルに何かが壊れたんだと思っています」と長谷川総責任者は語る。

 今回ブローしたアロンソのエンジンは、スペインGPの初日のフリー走行1回目でエンジンブローして、フリー走行2回目に向けて交換したもの。つまり、スペインGPとモナコGP、そしてカナダGPの3レースで使用されたものだった。今年は20戦を4基でまかなわなければならないから、1基あたりのマイレージは単純計算で5レース。つまり、予定していたマイレージに達する前に壊れたことになる。

 今年、ホンダは何度もトラブルに悩まされてきたが、今回のエンジンブローがマクラーレン・ホンダに与えた影響は、これまでよりも大きかった。それは、グランプリ前は厳しいと思われていたにも関わらず、アロンソが素晴らしい走りでチームに初ポイントを持ち帰ろうとしていたからだった。





レース

6/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/25(日) 決勝 結果 / レポート

ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル153
2位ルイス・ハミルトン139
3位バルテリ・ボッタス111
4位ダニエル・リカルド92
5位キミ・ライコネン73
6位マックス・フェルスタッペン45
7位セルジオ・ペレス44
8位エステバン・オコン35
9位カルロス・サインツJr.29
10位フェリペ・マッサ20

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位メルセデス250
2位フェラーリ226
3位レッドブル137
4位フォース・インディア79
5位ウイリアムズ37
6位トロロッソ33
7位ハース21
8位ルノー18
9位ザウバー5
9位マクラーレン2

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第8戦アゼルバイジャンGP 6/25
第9戦オーストリアGP 7/9
第10戦イギリスGP 7/16
第11戦ハンガリーGP 7/30
第12戦ベルギーGP 8/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号