F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダの2チーム目はザウバー濃厚。来季、日本人F1ドライバー誕生の可能性も

2017年3月29日

 ホンダの第2チームとなる来季のパワーユニット供給先がザウバーに絞られたことは、開幕戦メルボルンでの取材でほぼ明らかになった。ホンダ側もザウバーの首脳陣も、一応は「まだ何も決まってない」と公には言っている。しかしオーストラリアGP週末の話し合いで事態は大きく進展したようで、ザウバーのモニシャ・カルテンボーン代表に交渉の見通しについて聞くと、満面の笑みで「順調よ!」と答えていた。


 ホンダが2チーム目に供給する際の最大のネックは、ギヤボックスがマクラーレン製であることだった。ザウバーのようなカスタマーチームは、ウイリアムズなどの例外を除けばギヤボックスを自製しておらず、パワーユニットと込みで供給を受けるのが普通だ。


 しかし、ホンダの場合はマクラーレン製ギヤボックスしかなく、ザウバー側はホンダとはパワーユニット、マクラーレンとはギヤボックス供給の両面交渉を強いられていた。しかし、それもどうやらメドがついたようで、早ければ来月早々には正式発表の見込みだ。


 ホンダがザウバーを供給先に選んだ大きな理由のひとつが、「ドライバー選定に発言権を持つこと」だった。ホンダの若手育成ドライバーのために、F1への道筋を付けることが是非とも必要だったからだ。ザウバーの場合、現在のレギュラードライバーでるマーカス・エリクソンは来季以降もほぼシートが確定しているが、もうひとつが未定の状態で空いている。そこに日本人ドライバーを入れたいというのが、ホンダの目論見だ。


 現時点でF1に最も近いホンダ系日本人ドライバーは3人。GP2改めF2選手権の松下信治、F2の下のカテゴリーになるGP3の福住仁嶺、そして今季からヨーロッパを転戦するユーロF3に参戦する牧野任祐である。ただしF1参戦にはスーパーライセンスが必要で、そのライセンス取得は2年前からポイント制になった。具体的には、3年間で40ポイント取得することが必要だ。

■日本人F1ドライバー候補は3人だが、来季に限ればふたり

 3人の中では牧野が国内F3選手権ですでに11ポイントを獲得しており、初参戦のユーロF3を選手権2位以上でシーズンを終えれば、スーパーライセンスを獲得できる。松下は現時点で3ポイントしか持っていないが、参戦カテゴリーがGP2からF2に名称変更して格上げされた結果、選手権3位までの結果を出せばライセンス獲得が可能になった。一方、現在6ポイント所有の福住は、GP3でチャンピオンになっても30ポイントで4ポイント届かない。

昨年のGP2アブダビで2位、モナコで優勝を飾った松下信治。
昨年のGP2アブダビで2位、モナコで優勝を飾った松下信治。

 ということで来季F1昇格の可能性がある日本人は、牧野と松下のふたりということになる。対するシートは、今のところひとつだけ。ふたりがともに好成績を挙げてスーパーライセンスを獲得し、「どちらを抜擢しようか」とうれしい選択に悩むのが理想的だが、さてどうなるか。

スーパーGT第7戦でターベイに代わって大抜擢された牧野。GT500デビュー戦となったタイでは予選2番手を自らのステアリングで獲得し、決勝でもトップを追い詰める2位を獲得。
スーパーGT第7戦でターベイに代わって大抜擢された牧野。GT500デビュー戦となったタイでは予選2番手を自らのステアリングで獲得し、決勝でもトップを追い詰める2位を獲得。

 注目のF2は4月15、16日決勝のバーレーン、ユーロF3は同月同日のイギリス・シルバーストーンで開幕戦を迎える。

2016年GP3第8戦マレーシアで福住仁嶺(ART)は2位表彰台を獲得。
2016年GP3第8戦マレーシアで福住仁嶺(ART)は2位表彰台を獲得。



(Text:Kunio Shibata)




レース

11/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン363
2位セバスチャン・ベッテル317
3位バルテリ・ボッタス305
4位キミ・ライコネン205
5位ダニエル・リカルド200
6位マックス・フェルスタッペン168
7位セルジオ・ペレス100
8位エステバン・オコン87
9位カルロス・サインツJr.54
10位ニコ・ヒュルケンベルグ43

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス668
2位フェラーリ522
3位レッドブル368
4位フォース・インディア187
5位ウイリアムズ83
6位ルノー57
7位トロロッソ53
8位ハース47
9位マクラーレン30
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号