F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:オーストラリアGP決勝、ハミルトンがベッテルの逆転を許した理由とは?

2017年3月27日

 王者メルセデスAMGのマシンで、ポールポジションから好スタートを切ったルイス・ハミルトンを、なぜセバスチャン・ベッテルが逆転できたのか? これが2017年オーストラリアGPの最大の焦点である。


 ベッテルがハミルトンをオーバーカット(ピットインのタイミングを遅らせてポジションを逆転すること)できた直接の原因は、18周目にピットアウトしたハミルトンが直後に、スタートからタイヤ交換しないで走り続けていたマックス・フェルスタッペンに引っかかったことである。


 19周目にその時点でのファステストラップ 1分27秒551を叩き出し、トップを走るベッテルとのギャップを21.1秒に縮めたハミルトンだったが、20周目にフェルスタッペンに1秒以内まで接近するとラップタイムは約1秒ダウン。


 タイヤ交換したばかりだが、ハミルトンのタイヤはソフトだったのに対して、スタートから走り続けているフェルスタッペンのタイヤはウルトラソフト。この2種類のコンパウンド差は1秒以上もあるため、たとえ新品のタイヤでもハミルトンがオーバーテイクするのは簡単ではなかった。


 さらにハミルトンはピットアウト直後にタイヤの一番おいしい部分を使ってしまっていた。さらにレギュレーションが新しくなって、今年のマシンが前車の空力の影響を受けやすくなっていたことも、ハミルトンがフェルスタッペンをオーバーテイクできなかった要因となっていたのかもしれない。


 しかし、これは真因ではない。なぜなら、17周目にピットインすれば、早かれ遅かれピットアウト直後にフェルスタッペンに引っかかることは全マシンのトラックポジションを映し出すモニターを見ていたメルセデスAMGのエンジニアたちにもわかっていたからである。


 にもかかわらず、メルセデスAMGのレースストラテジストのジェームス・ヴァレスは、ハミルトンのレースエンジニアのピーター・ボニントンにピットインの指示を行うよう命令したのである。その理由をメルセデスAMGのトト・ウォルフ(エグゼクティブディレクター/ビジネス)はこう説明する。



マックス・フェルスタッペンにひっかかり順位を落としたルイス・ハミルトン
マックス・フェルスタッペンにひっかかり順位を落としたルイス・ハミルトン

「ルイスのウルトラソフトのグリップが限界に達していた。恐らく、第1スティントでベッテルの猛追をかわすためにタイヤをオーバーヒートさせてしまったんだろう」


 17周目にピットインしたハミルトンに対して、ベッテルのピットインは23周目。だが、メルセデスAMGがフェラーリに比べて、単にタイヤに厳しいマシンとは言い切れないのは、ハミルトンのチームメートのバルテリ・ボッタスがベッテルよりも2周後の25周目にピットインしていることでもわかる。


 では、なぜハミルトンだけが、第1スティントでタイヤをオーバーヒートさせてしまったのか。それはハミルトンとボッタスのペースを比較するとわかる。第1スティントでハミルトンとボッタスより平均して1周あたりコンマ7秒速いペースで走っていた。このペースがメルセデスAMGのウルトラソフトをオーバーヒートさせたと考えられる。


 ハミルトンはオーバーヒートしないように、ボッタスと同じペースで走ることはできなかったのだろうか。もちろん、それは可能だが、そうすれば、「どのみちセバスチャンに抜かれていただろう」とハミルトンが語った通りの結果となるだろう。


 では、ピットストップをもう少し、先に延ばすことはできなかったのか。ウォルフは言う。
「われわれが先に動かなければ、フェラーリにアンダーカットされていただろう。われわれにはほかに選択肢はなかった。つまり、今日の敗因は戦略ミスではなく、単にフェラーリのほうが速かっただけだ」


 オーストラリアGPでのフェラーリの1勝は、メルセデスAMGのレースでのタイヤの使い方に課題があることを浮き彫りにした一戦となった。



(Masahiro Owari)




レース

7/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル171
2位ルイス・ハミルトン163
3位キミ・ライコネン116
4位ダニエル・リカルド106
5位バルテリ・ボッタス104
6位マックス・フェルスタッペン93
7位ニコ・ヒュルケンベルグ42
8位フェルナンド・アロンソ40
9位ケビン・マグヌッセン39
10位カルロス・サインツJr.28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位フェラーリ287
2位メルセデス267
3位レッドブル199
4位ルノー70
5位ハース51
6位フォース・インディア49
7位マクラーレン48
8位トロロッソ19
9位ザウバー16
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/8
第11戦ドイツGP 7/22
第12戦ハンガリーGP 7/29
第13戦ベルギーGP 8/26
第14戦イタリアGP 9/2
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報