F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

毒舌パドック裏話 F1アブダビGP編:リカルドだってたまにはキレる「あの***野郎!」

2017年12月4日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。アブダビGP編です。

----------------------------

 2017年最後のレースは、今季最悪のレースでもあった。あるいは、ここ数年間で最悪だったかもしれない。
 現代的なサーキットの多くは、ゴージャスな施設やナイトレース用の照明のようなギミックばかりに熱心で、ドライバーにオーバーテイクがしやすい場所を与えるのを忘れている。アブダビでは、その事実があらためて浮き彫りになったのだ。

 その責任の一端がクルマにもあることは、論をまたない。さらに言えば、それはコース上でのオーバーテイクが難しくなるようなクルマを作らせている、不可解なレギュレーションのせいだ。

 しかし、その方面では良い知らせもある。アブダビで土曜日にロス・ブラウンと話をしたところ、彼は「次の新レギュレーションでは、クルマ同士の接近戦を可能にすることを最優先項目のひとつにする」と明言した。ただ、ロス自身も認めていたが、この問題を短期的に解決するのは難しそうだ。

 アブダビのパドックの雰囲気は、やや気の抜けた感じを否めなかった。選手権タイトルの行方はすでに決まっていて、パドックにいる誰もが全20戦の長すぎるシーズンを経て、クタクタに疲れ切っていたからだ。

XPB Images

 それでも、木曜の定例記者会見に集まったルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルドの3人は上機嫌だった。ルイスが、シーズン中のコース上でのオーバーテイクについてセブをからかうと、さらにダニエルはこう発言して笑いを取った。「何しろ、ここにいる3人を合わせると、全部で8回も世界選手権タイトルを獲得しているからね!」(言うまでもなく、リカルドは一度もタイトルを獲っていない)。

 また、プラクティス中にロマン・グロージャンにブロックされたリカルドは、その憤懣をこんな無線交信でチームに伝えていた。

エンジニア:「オーケー、こっちも見ていた。グロージャンに妨害されたね」

リカルド:「いいや、彼に落ち度はなかった。全然邪魔なんかされていないよ」

エンジニア:「えっと、もしかして、皮肉で言ってる?」

リカルド:「そうさ、あの***野郎!」

エンジニア:「了解」

■アルファロメオ・ザウバーのニュースにちょっと一言
Sauber

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル54
2位ルイス・ハミルトン45
3位バルテリ・ボッタス40
4位ダニエル・リカルド37
5位キミ・ライコネン30
6位フェルナンド・アロンソ22
7位ニコ・ヒュルケンベルグ22
8位マックス・フェルスタッペン18
9位ピエール・ガスリー12
10位ケビン・マグヌッセン11

チームランキング

※中国GP終了時点
1位メルセデス85
2位フェラーリ84
3位レッドブル55
4位マクラーレン28
5位ルノー25
6位トロロッソ12
7位ハース11
8位ザウバー2
9位フォース・インディア1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/15
第4戦アゼルバイジャンGP 4/29
第5戦スペインGP 5/13
第6戦モナコGP 5/27
第7戦カナダGP 6/10
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報