F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】“苦難の時代”を思い起こさせるメルセデスの敗因/F1第3戦バーレーンGP

2017年4月18日

王者らしからぬミスが重なったナイトレース
“苦難の時代”を思い起こさせるメルセデスの敗因


 自分たちのマシンには勝てるペースがある──。週末を通して強い自信を示し続けたフェラーリは、勝利に向かってまっすぐに突き進んだ。その勢いがプレッシャーとなったのか、メルセデスにはいくつもの綻びが発生。砂漠の夜の照明の下、シルバーアローに翳りが差すと、赤いマシンがいっそう鮮やかに輝いた。

「Q3最初のアタックに僕はとても満足していた。でもラインを通過して、彼ら(メルセデス)とのタイム差を見た時には、正直がっかりだったね。0.4秒の差は予想していたよりずっと大きかったから」

 土曜の夜、セバスチャン・ベッテルは3位に終わった予選を振り返って言った。自らのアタックが完璧だっただけに、0.5秒近い差が大きく横たわって見えた。レースを考えると、難題はフロントロウを占められてしまったこと。自分たちのペースを活かすためには、彼らに自由なレースを許すわけにはいかない。シーズン3戦目にして、初めての2列目発進である。早い段階で、少なくともメルセデスの1台を捉えなければならない。

 ベッテルがそんな課題をクリアしたのが、スタート直後のターン1。2番手のルイス・ハミルトンよりわずかに優れた出足を得てメルセデスの隣に並び、そのままアウト側のラインを維持した──。バーレーンのターン1を上手く使うカギは、コース幅を最大限に利用することだ。

「ラッキーだったのは僕の前が開けていたこと。イン側のルイスはバルテリ(ボッタス)の後ろで少しスタックしているように見えた」

 アウトから大きな弧を描いてターン1にアプローチした後は、ターン2に向かって無理なく加速できる姿勢を取り、目標どおりメルセデスの1台をクリアした。これで、フェラーリの強み=スーパーソフトのレースペースを活かすピット作戦が可能になった。





レース

9/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン263
2位セバスチャン・ベッテル235
3位バルテリ・ボッタス212
4位ダニエル・リカルド162
5位キミ・ライコネン138
6位マックス・フェルスタッペン68
7位セルジオ・ペレス68
8位エステバン・オコン56
9位カルロス・サインツJr.48
10位ニコ・ヒュルケンベルグ34

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス475
2位フェラーリ373
3位レッドブル230
4位フォース・インディア124
5位ウイリアムズ59
6位トロロッソ52
7位ルノー42
8位ハース37
9位マクラーレン17
9位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第14戦シンガポールGP 9/17
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号