2019年F1第10戦イギリスGP決勝 フェラーリのセバスチャン・ベッテルがレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに追突

レッドブル代表「素晴らしいレースがベッテルのミスで残念な結末に」:F1イギリスGP日曜

7月15日

 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5位、ピエール・ガスリーは4位だった。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 レース序盤は非常にエキサイティングだった。マックスが(シャルル・)ルクレールとホイール・トゥ・ホイールのバトルをし、ふたりが最高のレースを繰り広げた。

 最初のピットストップでマックスは(ルクレールの)すぐ前に出ることができたが、アウトラップでそのポジションを維持することができなかった。ふたりのバトルが再開し、セーフティカー出動まで続いた。

 セーフティカーが出た際にマックスの最後のピットストップを行い、その後はマックスとセバスチャン(・ベッテル)の一騎打ちとなった。マックスはストウでアウト側から前に出たが、セブがブレーキングで誤った判断をして、マックスのマシンに後ろからヒットした。激しい接触で、マックスはグラベルに飛び出したが、レースを続行し、なんとか完走することができた。今日は表彰台の可能性があっただけに、彼にとって悔しい結果だ。

 一方でピエールは今週末の好調さをレースでもキープした。フェラーリ勢と激しく戦い、ハードタイヤで長いスティントをとって最後まで走り切り、今シーズンの自己最高位を獲得した。このレースによって自信をさらに深めることができるだろう。この勢いを次のレースにつなげてほしい。

2019年F1第10戦イギリスGP日曜 6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグとレッドブルのホーナー、マルコ、フェルスタッペン、ガスリーが記念撮影
2019年F1第10戦イギリスGP日曜 6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグとレッドブルのホーナー、マルコ、フェルスタッペン、ガスリーが記念撮影



(autosport web)