XPB Images

3分で読むF1ココだけの話:新車発表が遅れるウイリアムズ、開発を指揮するパディ・ロウの実力に疑問符

2月4日

 1月30日に、メルセデスが2019年のニューマシンとなる「W10」を、2月13日(水)に公開すると発表した。これで新車公開日を発表していないのはレッドブル、ハース、ウイリアムズの3チームだけとなった(※2月3日時点、ハースは2/7(木)にカラーリングを発表する)。

 このうちレッドブルとハースに関しては、関係者からの情報によれば、非常にタイトなスケジュールになっていることは事実だが、大きな問題があるわけではないらしい。発表が遅れているのは、あくまでギリギリまで開発を続けて最新のパッケージをテストに投入することを目標としているからだという。

 これに対して、ウイリアムズからは新車公開の話がまったく聞こえてこない。そのため、事情通の間では「新車の開発で問題が噴出しているのではないか?」という噂も出てきた。

 そんな噂が広まった最大の理由は、チーフテクニカルオフィサーのパディ・ロウの存在だ。肩書きだけをみれば、90年代にウイリアムズでアクティブ・サスペンションを開発し、マクラーレンへ移籍した後、2011年からテクニカルディレクターを務めたロウの実績は、大物エンジニアとして堂々たるものだ。


…記事の続きは一般会員登録後閲覧できます。

この記事は一般会員専用のコンテンツとなります。

※月額216円の一般会員登録を行う事で、F速独自の連載コンテンツを閲覧することができます。

※プレミアム500会員は、一般(216円)+プレミアム会員(324円)が一つの契約で一括登録される会員状態となります。プレミアム会員に登録すると、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。
会員登録ページへ
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。