XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:スペイン版のエイプリルフールを真に受けてしまったマクラーレン

1月7日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

スペイン版のエイプリルフールに騙されてしまったマクラーレン
嘘を真に受けて声明
XPB Images
 マクラーレンはスペインの伝統に足をすくわれてしまったようだ。フェルナンド・アロンソが過去3年をチームで過ごし、今ではカルロス・サインツJr.がスペイン人のトップドライバーとして在籍しているのに、イギリス人はスペインの多くの伝統をいまだ無視している。

 そのうちのひとつは、スペイン版のエイプリルフールで、12月28日にイノセント・セイント・デーとして祝われるものだ。あるスペインのウェブサイトは、アロンソがマクラーレンの主要株主のひとりになる予定との偽ニュースを公開したが、マクラーレンは伝統を無視して、そのニュースを否定する声明を出したのだ。

 何人かのスペイン人ジャーナリストが、それがスペイン版のエイプリルフールであることをマクラーレンに指摘し、やっとチームはばかげたミスを犯したことに気づいたのだ……。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

F1速報プレミアムとは
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。